【裏技公開】「冷凍ご飯」を美味しくする方法&炊き立て「ご飯」の保存方法

0401e017be1801727db97ed336f260e4_s

【スポンサードリンク】

 

ほかほかの炊き立てご飯。

なかなか全部食べきるってないですよね?だからと言ってごく少量炊くと美味しくなかったり。

そんなご飯を美味しく保存できる裏技があるんです!

それは炊き立てのうちにやってしまうことが大切なのでその方法についてご紹介します。

 

【スポンサードリンク】

 

ご飯の保存方法ってどんなものがあるの?特徴は?

1.木製のおひつで保存する

昔ながらの木製のおひつは趣もあって素敵ですよね?おひつに入れたご飯は冷めてもおいしく、また温めなおしてもおいしいのが魅力です。

しかし、梅雨時や夏場などは腐りやすいです。手入れをしっかりしないとおひつ自体にカビが発生することもあります。

2.陶製(セラミック製)のおひつで保存する

おひつごとレンジにかけられます。遠赤外線効果でふっくらと美味しくたべられます。冷蔵庫にも入れられますね。

しかし、安いものだと割れやすい場合があります。定期的に手入れをしてしっかり乾燥させましょう。

3.冷凍保存

日持ちがするのはもちろんのこと、味もおいしさを保てるので保存法方法としてはナンバーワンです。

後程くわしい冷凍保存方法をご説明します。

4.冷蔵保存

冷蔵庫内はとても乾燥しています。ご飯が劣化して味がおちる条件として、

・ご飯の温度が2~3度のとき
・水分含有量が30~60%のとき

ということが言えますが冷蔵庫の庫内温度は3℃。ご飯にとってはとっても過ごしにくい過酷な環境なんです。

5.炊飯器で保温保存

保温機能は雑菌の繁殖は防げる(セレウス菌といわれる食中毒を起こす菌の一種の発生や増殖を防げるというデータがあります)

とは言われているものの、3時間をすぎたあたりから味や風味はどんどん落ちて黄ばみやニオイが発生してきます。

また保温を切ったあとからは一気に雑菌が増え始めますので、決してご飯を入れっぱなしにしないでくださいね。

ご飯の保存方法やってはいけない編

案外やってしまっていることが多いかもしれません・・・

・ラップに包んで冷蔵庫に入れる

冷蔵庫の温度や乾燥はご飯にとって最悪の環境です。パサパサになって固くなります。あとから水を振りかけたりしてもなぜかしっとりしてくれません。

・保温時間が長かったご飯の冷凍

保温機能は使えば使うほど、ご飯の水分は飛ばされて味が落ちていきます。黄色くなったり嫌なニオイが発生することも。

・しっかり冷ましてからの冷凍保存

ご飯は冷めると固くなります。そんな美味しくない状態のまま冷凍することになってしまいます。

忙しくてついつい…となってしまいますが、炊き立てご飯の保存をすると決めたら手順を守って素早く行うことが大切です。

ご飯の冷凍保存のやり方とコツについて

前記した保存方法のなかでもダントツ一位なのは「冷凍保存」でしたね。

そんな冷凍保存のコツは

「炊き立ての美味しいうちに素早く中まで冷凍してしまうこと」

 

手順としては

1.炊き立てのご飯をラップに広げて粗熱を取りましょう。

わりとアツアツで大丈夫です。味が落ちる前にラップしちゃいましょう。やけどをしないように注意しましょう。

この時、一膳分を平らにしてくるみましょう。

あまり小さなラップだときつくラップしてしまいがちでご飯がはみ出てしまいますので、ラップのサイズは余裕のあるものを選んでくださいね。

具体的に例を出すと、厚さ1~1.5センチくらいで8~10センチ四方のものにするとベストでしょう。

この時押したり固めたりしないであくまでも「ふんわり」とお願いします。

2.1でつくったものを「金属製のトレー」あるいは「アルミホイルを冷凍庫内に敷いて」並べて冷凍しましょう。

※この時熱々のまま冷凍庫に入れてしまう他の食材を痛めてしまいます。

粗熱が取れてから入れましょう。

この時、ラップでくるんだご飯をさらにその上から一つずつ「アルミホイルで包む」という方法でもOKです。

3.2である程度凍ったら、ラップに包んだままのご飯をフリーザーバッグにいれて再び冷凍しましょう。

フリーザーバッグにいれることによってさらに冷凍が早くすすみ、冷凍焼けも防いでくれます。

フリーザーバッグがなければ、プラスチックの保存容器に移すのも良いでしょう。

※「金属製トレー」や「アルミホイル」を使用することによって「急速冷凍」の効果があります。

冷凍ご飯の解凍方法とおいしさの目安

冷凍保存したご飯を解凍して食べるときのやり方です。

◆「急速冷凍」には「急速解凍」で攻めましょう!◆

・凍ったままで解凍する。これだけです。

電子レンジで2~3分加熱しましょう。

平らにして冷凍したつもりがちょっと解凍ムラがあるかも?!という場合には途中で一度レンジから出してご飯をほぐすようにしてから再びレンジにかけてみましょう。

冷凍ご飯を美味しく食べるには3日~1週間程度が目安です。

冷凍ご飯そのものは1か月くらいは大丈夫ですし、実ははっきり言ってカビたり腐ったりすることもないので1年とかも大丈夫なのですが…

「美味しさの目安」ということで3日~1週間に食べきると良いですね。

ご飯の風味やおいしさは冷凍庫に入れていてもどんどん劣化して老化が進んでしまいます。

古くなった冷凍ご飯を美味しくする裏技

先ほど冷凍ご飯は3日~1週間で食べてしまいましょうとおすすめはしましたが、古い冷凍ご飯がまだちょっと行けそうだしもったいない。

なんとか美味しく食べられる方法はないのか?というと

あるんです。

それは「軽くお酒を振りかけてからレンジで解凍する」ことです。お酒には劣化してしまったお米をいきいきと再生してくれる働きがあるのでふっくらとして美味しくなっちゃうんです。

この方法をとったらあとは早めに食べてしまうことです。冷めると…美味しくなくなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

ご飯を炊いて賢く冷凍すればムダも省ける上に家事の効率もアップします。
そしてなにより、味の面でも保存したご飯の中でダントツ美味しいのがこの冷凍保存したご飯。

もちろん炊き立てのご飯を頂く一杯目にはかないませんが、残さず炊いたご飯を美味しく味わい尽くすという意味でもとってもおすすめな方法でした。

炊き立てのうちにラップして冷凍しちゃう習慣をつけましょう。

ご飯だめにして捨てちゃったということがなくなりますね♪

【参考】
 ⇒ぬか漬けの作り方 簡単に初心者でもできる!

 ⇒チャーハンを初心者でも簡単に美味しく作るポイント!【5つのアレンジレシピも大公開】

 ⇒今日の晩御飯の献立何にしよう?【楽に♪簡単に!「21のレシピ」を大公開】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ