【新しい畳にカビ⁉】原因と掃除方法&安心安全に「お酢」と「クエン酸」で予防しましょう!

%e7%95%b31

【スポンサードリンク】

 

嫌ですね~。カビ。

畳をふと見るとカビが生えてしまっている!?そんなことってありませんか?

お部屋の湿気具合や構造によっては「取り替えたばかりの新しい畳」にカビが発生していてゲンナリ…

なんてご家庭も少なくないみたいなんです。

そんな憎っくきカビの原因を突き止めて掃除し、次にはカビを生やさせない予防法などについてまとめてみましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

カビが生えてしまう原因とは?

カビが喜んでうまれる環境が整っていたから…と言えます。

その条件とは。

・温度・・・・・・25℃前後が一番生えやすいです。36℃以上になると暑すぎて増えません。

・湿度・・・・・・湿度50%から増殖を始めます。60%以上になると大量発生!

・汚れ・・・・・・部屋には良くありがちな皮脂や食べ物のカスなどが大好物です。

・日が当たらない・カビは紫外線に弱いので、逆に日が当たらない環境は大活躍です。

・風通しが悪い・・押し入れや家具のスキマはどうしても湿気がたまりやすいです。

新しい畳にはカビが生えやすい!?

新しい畳は実はカビが生えやすいものなんです。
「新しく畳を買えたばかりなのにもうカビが!?」ではなく

「新しいから湿気を吸いやすいからカビが発生しやすい」のです、

とくに青々とした一年の畳は一番カビが生えやすいんです。

新しい畳もカビにとっては嬉しい条件なんですね。しかし、そのカビは深部に及んでいるわけではなくてごく表面。

早めのお手入れで取り除きましょう。

畳のカビ掃除の前に気を付ける事

・カビを広げない

1.乾いたぞうきんなどでこすりつけてしまうと、畳の目にカビが入り込んでしまったりかえって範囲を広げてしまったりします。

2.逆に水拭きもしてはいけません。洗剤を使用していても余計な水分を吸い取ってしまうのでよくありません。

・叩いてはいけません

ついついトントンと叩いてカビを払いたくなる場合もあるでしょう。

でもそれはお部屋にカビ菌を蔓延させる行為なんです。。。

なんとなく普通にお掃除でする行動ではありますが、カビの掃除の時にはNGです。

・掃除機で吸い込む

畳にいきなり掃除機ノズルでカビを吸い取ってしまえば良いのでは?

と思われるかもしれませんが、カビの粒子はとても軽く細かいため、掃除機の排気口からカビを広範囲にまき散らすことになってしまいます。

畳に生えてしまったカビの掃除の仕方

・カビが軽度の場合

エタノールを使って掃除します。

アルコール度数が高くですぐに蒸発する性質をもつエタノールはカビ掃除にとても適しているんです。

●準備するもの

・ゴム手袋
・エタノール(スプレー容器に入れましょう)
・たわしまたは歯ブラシ
・掃除機
・雑巾またはタオル

カビの部分にエタノールをスプレーしてから、たわしや歯ブラシなどでこすります。
この時水分をつけたりしないでください。

そして、力を入れる必要はありません。力の入れすぎはカビを畳の中に入れ込んでしまいます。

カビがぽろぽろと取れてきたら、掃除機を使用して吸い取りましょう。できればすきま用ノズルなどをセットして細かい部分までしっかりお掃除しましょう。

しかし、吸引の強さは中程度にしておきましょう。強いと畳を痛めるだけでなく排気からまき散らしまいます。

カビを取り除いた後には除菌のためにもう一度アルコールをスプレーして、乾いたタオルでから拭きしましょう。

掃除機のフィルターパックもこのカビ掃除のあとには(空きがあっても)すぐに捨ててください。

次の掃除で掃除機を使用した時にカビの空気が排気されて部屋に飛び散ってしまうからです。

・カビが重度の場合

重度のカビは黒カビになっていたりする場合で判断できます。

●準備するもの

・ゴム手袋
・酸素系漂白剤(ハイターなど)
・重曹
・水
・綿棒
・雑巾またはタオル

酸素系漂白剤と重曹を1:1の割合でまぜて、さらに水を少しづつ足していきペースト状になるまで混ぜ合わせてください。

このペーストを黒カビが出来ている部分に塗っていきます。

その時、綿棒などを使用して黒カビの部分にピンポイントで塗ることが大切です。

塗った後の部分は濡れたタオルや雑巾で叩くようにしてペーストを取り除いてください。

最後に乾いたタオルで一度拭いて乾燥させます。

黒カビはガンコなものも多いです。

その場合にはペーストを塗っては叩いて取るを繰り返してみましょう。酸素系漂白剤はとても強いので汚れを落としてくれる分、人体への悪影響もあります。

ニオイが乾燥させても残っているようであれば、濡れタオル→乾いたタオルで何度もたたくようにしてふき取りましょう。

※畳の変色や痛みが出る場合がありますので痛めたくない、変色させたくないという方にはおすすめしません。

赤ちゃんがいるご家庭の畳のカビ対策

赤ちゃんは目線が低く、畳を上を這って行動します。
しかもなんでも口に入れたり舐めたりしまいますよね?

丁寧にからぶきしても化学薬品を使用した後を舐めてしまったら…とてもコワイですよね?

そんな赤ちゃんをカビから守りたい!という方には日ごろできる対策を摂ることが大切なんです。

・換気をしっかりとする

晴れた日に窓やカーテンを開けて風通しを良くすることはもちろんのこと、梅雨どきのジメジメした季節や雨の日にも扇風機などを使ってでも意識して乾かすようにしましょう。

・掃除機をこまめにかけましょう。

掃除機を怖がったりして泣いてしまう時期もある赤ちゃんですが、だんだん慣れてくれますし健康のためです。
掃除機は湿気も吸い取ってくれるんです。

・ひどすぎるカビはあきらめよう

赤ちゃんの健康が第一です。カビはひどい畳は他の家族の健康をも害してしまうので張替えるなどしましょう。

お酢を使って赤ちゃんにも安心なカビ対策を

お酢にはカビを生えにくくする効果があると言われています。なんといっても体に優しい成分なので安心ですよね。

週に一度はお酢のスプレーでカビ予防です。ただし、大量に噴霧するのは避けましょう。畳がしけってしまうからです。

お酢にアレルギー反応が出てしまうという方もおられるようです。
その場合にはクエン酸スプレーがおすすめです。

水500mlに小さじ2杯のクエン酸を溶かします。お酢よりも蒸発しにくい特性があるので、乾燥はしっかりと行いましょう。

【参考】
 ⇒加湿器の掃除やってますか?【クエン酸で簡単に水垢を落とす方法&カビ対策】

まとめ

いかがでしたか?

畳ってとても落ち着きますよね?和室ならではの空間でリラックスするはずがカビがあってはガッカリです。

日頃からしっかりと換気をしてスキマなどの掃除や掃除した箇所の乾燥をしっかりとする。

そんな予防が一番なのです。

今回紹介した掃除方法を行ったあとにも「とにかくしっかりと乾燥させる」それがポイントです。

 

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ