「マーガリン」は危険?【バターとの違い&トランス脂肪酸が悪い理由】

ac6e2ffd

【スポンサードリンク】

 

トランス脂肪酸をご存知ですか?

植物性の油脂を加工する過程に発生する「最も危険」だといわれている脂肪酸のことです。

かなり前から「狂った油」や「食べるプラスチック」とまでも言われていて2018年の6月までにアメリカでは全面禁止、食品添加物からも全廃すると決定されているほどなんです。

そんなトランス脂肪酸がなぜいけないのか、またトランス脂肪酸の少ないマーガリンとして売られているものはどうなのか?

バターとの違いなどについて解説いたします。

そもそもトランス脂肪酸って何?

天然の植物油や魚油にはほとんど含まれていないもので、天然の植物油などを「人工的に固める」ために水素を添加するんですが、硬化した時に発生するのがこの「トランス脂肪酸」なんです。

トランス脂肪酸を多く含む食品の代表格がマーガリンとショートニングと言われていて、お菓子を作るのに良く使われるほか、菓子パンなどに多く含まれています。

朝の食パンにはマーガリンが欠かせないと思っていた方は見直しが必要ですね。しかもマーガリンを塗ろうとしている食パンにも含まれているんです。

 

【スポンサードリンク】

 

トランス脂肪酸が美容や健康に悪いのはどうして?

・悪玉コレステロールを増やして、善玉コレステロールを減らしてしまう

血液がドロドロと停滞してしまうことになるため、動脈硬化や心臓疾患、心筋梗塞、脳梗塞など血栓系リスクの高い病気にかかりやすくなってしまうんです。

・アレルギー症状を悪化させる

アレルギー性鼻炎やアトピー性皮膚炎などの症状を促進させる可能性があることがわかっています。

・肥満などの生活習慣病を加速させる

口当たりを良くするショートニングやマーガリンを多く含む(トランス脂肪酸)食品は気軽に口に出来て、しかも大量に食べてしまいがち。

毎日菓子パンを食べる習慣がある人も多いですよね?

気づけば肥満体になってしまっていた…というケースも少なくありません。

・妊婦さんもご注意下さい

妊娠中のお腹の中の胎児に影響を及ぼす恐れがあるそうです。流産のリスクが高まったり、胎児の体重減少などが起こりやすくなる場合があります。

 

アメリカでは規制されているというけれど日本ではどうなの?

日本では特に規制はありません。

その理由の一つとして日本人はもともとトランス脂肪酸の摂取量が少ないということが挙げられます。

・トランス脂肪酸の一日平均摂取量

アメリカ 5.8g
日本   1.56g

となっています。

しかし、日本人も食の欧米化や加工品、油脂を多い食事を好むようになってきました。トランス脂肪酸の摂取量も増えているといえるので注意が必要なんです。

また、摂取量が少ないとは言えトランス脂肪酸の害を身体で感じる人も増えているそうです。

お菓子を選ぶにしても、和菓子や昔ながらの飴、果物やふかし芋などにしておけばトランス脂肪酸にまみれることも防げますね。

 

バターとの違いは?

マーガリンやショートニングはその製造過程で「人工的につくられたトランス脂肪酸」ですが、

バターやラードは「天然のトランス脂肪酸」を含んだ食品ということになります。

※牛などの反芻動物の体内にもともとトランス脂肪酸が存在しているからです。

ちなみにその含有量は100gあたり

・バター・・・・平均で1.95g
・マーガリン・・平均で7g

バターに比べてマーガリンには3.5倍ものトランス脂肪酸が含まれているということがわかります。

それでもバターは動物性脂肪ですから摂り過ぎればコレステロール値や上昇し、動脈硬化の原因にはなるというものの…

トランス脂肪酸はマーガリンより低く天然由来なのですから「バターを使った方が身体によい」ということが言えますね。

※人工のトランス脂肪酸は硬化した油にたくさん含まれているんです。そんな硬化油を使用しているマーガリンやショートニングがトランス脂肪酸が多いのはそのためだったんです。

トランス脂肪酸の少ないマーガリンってどうなの?

このトランス脂肪酸の弊害について知られるようになったことから「トランス脂肪酸の量が少ないマーガリン」というものが市場に出回るようになりました。

●創健社 発酵豆乳入りマーガリン 160g
  含有率は100g中に0.4%
  
 
●創健社 べに花ハイプラス マーガリン 180g
  含有率は100g中に0.5%
  
 
●小岩井マーガリン(ヘルシータイプ)
  含有率は100g中に1%

●ラーマ バターの風味

  含有量は100g中に1%

このようなマーガリンを使用するのが良いかもしれませんね。

小さなスーパーなどではあまり見かけない商品だったりしますが、大手スーパーやデパート、ネットショップなどには沢山売られています。

バターもマーガリンも避けたい!代用品は?

バターを使いたいけれど値段が高かったり流通が少ないという悩みもありますよね?

マーガリンはトランス脂肪酸が気になるし…

じゃあパンには何を塗って食べたらいいの?となってしまう方もいるかもしれませんね。

考えられるのが

・ココナッツオイル
・オリーブオイル

なのですが、ココナッツオイルは一時期の大ブームの関係で自然の無精製のオーガニックなココナッツオイルばかりでなくなり、人工的に熱処理されているものも多いため、そんなココナッツオイルにはトランス脂肪酸が含まれています。

ラベルなどを良く確認してから購入しましょう。

また、ココナッツが苦手だとその風味やにおいが鼻について食事が楽しめないという場合もあります。

対するオリーブオイルは食事にとても合うのでイタリアンレストランなどでもパンの付け合せとして普通に出て来るものです。

オリーブオイルで代用するのが健康にも美容にも良さそうですね。

【参考】
 ⇒「オリーブオイル」の効果効能【最強の便秘解消メニューは?効果的に飲むタイミングと量は?】

 

まとめ

いかがでしたか?

マーガリンのトランス脂肪酸についておわかりいただけましたでしょうか?

日本でもトランス脂肪酸について気を付ける方向にはいっているもののまだまだ規制するというところには至っていません。

自分や子供たちの健康を守るためにも身体に有害なトランス脂肪酸は避けていくようにしたいものですね。

【参考】
 ⇒食事とは「人を良くする事」 と書きます【子供の成長に必要な栄養素やサプリメントを徹底解説します】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ