【結婚式受付の服装マナー】男性・女性の注意すべき点のまとめ

guest_p1767

【スポンサードリンク】

 

晴れの舞台である結婚式の受付を頼まれたら、招待客の皆さんに失礼のないよう振舞いたいものです。

ここでは、受付係としての仕事やマナーなど順にご紹介していきます。

受付係はゲストではなく、親族側として招待客を出迎える

結婚式に招かれ、まず最初に立ち寄るのが「受付」です。

受付係の仕事とは

①芳名帳に記帳をしていただく
②お祝儀をお預かりし、お礼やお車代を必要な方にお渡しする
③会場のご案内

が主な仕事となります。

 

受付係は両家の顔として招待客をお迎えする大切な役割であり、現金を扱うので間違いのないよう慎重かつ丁寧に応対するようにします。会場には余裕を持って到着するようにし、式場スタッフやご両家から必要な指示を仰ぎます。

また、受付中会場内について聞かれることも想定し、会場内をしっかりと見て回っておくことも必要です。(会場の席の位置、化粧室・授乳室等の場所、ご両家親族控え室など)

 

【スポンサードリンク】

 

結婚式の受付に相応しい服装マナー

晴れやかな結婚式の受付を務めるには、第一印象が大切です。

あまり華美になり過ぎるのはよくありませんが、お祝いの席に相応しい華やかな雰囲気で招待客を出迎えるとご親族様からも好印象です。

男性、女性ともにフォーマル(略礼装)が基本となります。新郎・新婦よりも目立つことのないように色やデザインに注意をします。

 

男性

ダークカラーのスーツに薄めの色合いのカッターシャツやネクタイを合わせます。お祝いの席なのでポケットチーフで華やかさを演出するのも良いでしょう。靴は黒が基本です。服・靴ともにシワや汚れ等に十分注意を払い、清潔感ある服装で臨みます。

 

女性

華やかでありながらも動きやすい服装が良いでしょう。

あまりに丈の長いドレスや露出の多い服装は動き回ったり、かがんだりする受付の仕事には向いていません。優しい色目で上品な印象のひざ丈ほどのドレスなどがおススメです。

パールのアクセサリーなど、お祝いの席に相応しい華美ではないあしらいも素敵です。また、ヘアメイクですがこちらもあまり派手すぎず、かつ普段とは違う華やかさを演出してみましょう。

受付では下を向いて応対することが多いのでロングヘアはアップにするのがおススメです。

この時、生花を使ったアレンジは新婦より目立つ可能性があるので控えるようにします。ショートヘアの方もヘアアクセサリーなどでいつもの雰囲気と変化をつけてみましょう。

メイクは濃すぎず、薄すぎずを心掛けましょう。いつもナチュラルメイクの人は少しリップの色を明るくするだけでもお祝いの席に相応しい雰囲気になります。結婚式に招かれたゲストが初めて訪れる場所が受付であり、華やかでおめでたい雰囲気でお迎えしましょう。華美にならないようにと思うあまりに、暗い印象にならないよう注意しましょう。

 

111111

 

男性・女性ともに爪のお手入れも見落とさないようにします。受付係の手元はとても目立ちます。

爪を短くし、清潔に保つことは最低限のマナーです。女性のネイルは薄めの色合いとし、装飾の激しいデコレーションネイルや長い付け爪は避けましょう。

結婚式の受付の流れ

m427

 

受付係を頼まれたら、特別な事情がない限り快く引き受けるようにしましょう。結婚式前日までに新郎新婦と打ち合わせをしておくと当日のトラブルにも慌てず対応できます。

結婚式当日はゆとりを持って会場入りをし、受付担当者全員で役割分担をします。芳名帳の記帳をお願いし、お祝儀を管理する係と席次表を渡したり、会場へのご案内をする係等スムーズに受付がおこなえるよう事前に打ち合わせをします。

打ち合わせ終了後、ご両家親族控え室に向かいご挨拶をします。お祝いの言葉はもちろんのこと、大切な受付の仕事をさせて頂く気持ちを伝えます。会場内を目で確認後、受付位置に待機します。招待客が来る前に自分たちの持ってきたご祝儀を提出し、芳名帳の記帳も済ませておきます。

招待客の方が見えたら、親族側としてお迎えする気持ちを持って丁寧に応対します。

友達が来ても私語は慎むようにします。芳名帳の記帳、お祝儀の受付、席次表や配布物をお渡しして会場へとご案内します。

受付で注意すべき点について

imgres-07.44.34-のコピー-36

 

まずは言葉遣いです。

親族側の立場に立ち、「本日はお忙しい中、ご出席いただきましてありがとうございます」とご挨拶をします。

次々と招待客の方が見えた場合なども事務的にならないよう、常ににこやかに明るく応対するようにします。ご祝儀を差し出されたら両手でお礼の言葉とともにお預かりし、芳名帳の記帳をお願いします。

書いていただいている間にお渡しする配布物の準備や頂いたご祝儀を定位置に置くようにします。

招待客がずらりと列をなして並ぶと気も焦りますが、ここは心のゆとりを持って決して慌てたそぶりを見せたり、招待客を焦らせるような行動や言動をしないよう注意します。どんな時も「受付はご両家の顔として皆さんの前に立っている」と言う意識を持ち、冷静かつ丁寧に明るく行動するようにしましょう。

次にお金の扱いです。

たくさんの招待客の方からいただくお祝儀は一つの箱に収めるようにし、事情によりその場を離れる際は受付係同士で確認をして目を離さないようにします。

また、ご両家からお礼やお車代等、特定のお客様にお渡しするお金をお預かりしている場合は渡し忘れや紛失のないよう、こちらにも注意をするようにします。

結婚式場にご祝儀を狙った泥棒が紛れ込むこともあるので、十分注意します。お預かりしたご祝儀は式が始まる前にあらかじめお聞きした取りまとめる人に確実に手渡しするようにしましょう。

受付係が持ってきたご祝儀を出し忘れないように

pixta_1799841

 

前の項でお話ししましたが、当日会場に到着し確認事項やご挨拶を終えて、受付位置に立ったらすぐに受付係本人のご祝儀受付を済ませるようにします。

招待客がみえてからでは落ち着いて出すことも出来ませんし、終わってからと思っていても何かとバタバタとして忘れがちです。受付係同士で確認をしつつ、ご祝儀の提出と芳名帳の記帳を済ませておきましょうね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ