【厄年の意味とお祓いを受けるタイミングは?】場所と効果&男性と女性の違いを解説します

150127_yakudoshi-01

【スポンサードリンク】

古くからの言い伝えである「厄年」

よく耳にしますが何歳が該当するのか、厄年には何をしたらよいのかなど詳しく知らない方もいると思います。

おそらく平安時代にはこの厄年のようなものは存在したのではないかと言われていますが、起源などはハッキリしていません。厄年について一つひとつご紹介していきます。

【厄年とは?】

「厄年」とは災いや苦しみなどの不幸が降りかかることが多いとされている年齢のことです。

厄年は男女の性別により該当年齢が違っています。また、厄年とされている年の一年前の年を「前厄」、厄年を「本厄」、その一年後の年を「後厄」と言います。

ここで注意すべき点は、厄年の年齢は「数え年」で考えるという点です。数え年とは、生まれた年を1歳として翌年の元日に年を重ねるという考え方です。

このことから、数え年の考え方では12月31日の大晦日に生まれた人は翌日の元日には2歳になるということになります。

【男性の厄年について】

では、まず男性の厄年についてです。男性の厄年は一般的に【25歳、42歳、61歳】とされてます。

中でも「大厄」と呼ばれる42歳は最も用心すべき年と言われ、厄払いのご祈祷を受ける人が多くいます。

古くからの風習である厄年ですが、この42歳という年齢は家庭では家族を養い、社会ではまさに働き盛りで重い責任を負って働いている年齢です。多忙で何かと無理をしやすい年齢でもあるので健康面等色々と注意を払う必要があります。

【女性の厄年について】

女性の厄年は一般的に【19歳、33歳、37歳】とされています。

女性の「大厄」は33歳と言われており、最も注意が必要な年とされています。男性の本厄42歳と同じように、女性にとってこの33歳という年齢は社会的にも責任ある仕事を任されるようになったり、妊娠・出産を経て子育てに追われるなど多忙な時期です。

よって、体力・精神面においても負担が大きな時期であるために注意を払う必要があります。

【厄年の前後一年も注意が必要】

厄年には「前厄」、「本厄」、「後厄」があることをお話ししました。本厄である年を挟んで前後一年は注意をした方がいいとされています。前述の男女別の厄年年齢からまとめると下記のようになります。

「前厄」
男性…24歳、41歳、60歳
女性…18歳、32歳、36歳

「本厄」
男性…25歳、42歳(大厄)、61歳
女性…19歳、33歳(大厄)、37歳

「後厄」
男性…26歳、43歳、62歳
女性…20歳、34歳、38歳

【厄払いはいつ受ければいいの?】

古くからの風習である「厄年」は現代でも強く根付いています。

これは風習を重んじる気持ちの背景に厄年を迎える年齢が男女問わず人生の転機を迎える時期に当たっていることが大きく影響しています。

例えば、健康面では「これまで大きな病気をしていないから大丈夫」と健康管理を軽んじると病気にかかるリスクが高まったり、また社会では重責を負うあまりに疲労が増し、精神面でも重いストレスを抱える状況から体調に何らかの異変を起こしたり、大きな失敗を招くことも考えられます。

人生の節目ともいえる厄年に気を引き締め、生活全般を見直すいい機会となっている傾向が見られます。

では、厄年にする「厄払い」はいつどのようにしたらよいのでしょうか。

厄払いは神社や寺院にて申し込み、ご祈祷をしてもらうのが一般的です。時期についてはこの時期でなくてはいけないというものはありませんが、年が明けた元日以降から立春(節分 昔は立春を新しい一年の始まりとしていたため)までにおこなうことが多いようです。

大きな神社や寺院では「厄除大祈願祭」など行事としておこなわれていることも多く、自分がご祈祷してもらおうと思う神社や寺院に事前に問い合わせをするとよいでしょう。

ただし、立春までに厄払いができなくても、年中いつでも申し出ればご祈祷はして頂けるので心配はいりません。

【厄払いの注意点】

厄払いの注意点として、

厄年について男女別の該当年齢をご紹介しましたが、神社寺院によって違っている場合もあります。厄年の年齢自体が違っていたり、厄年を満年齢で数える場合もあるのでご祈祷をしてもらおうと思っている神社やお寺に問い合わせると安心です。

厄払いには「ご祈祷料」を納めます。

神社やお寺であらかじめ決まっている場合もありますが、そうでない場合は相場として3,000~10,000円ほどと言われています。神社によっては幾つかご祈祷料の金額が書いてあり、金額を選択して納める場合もあるようです。

また、厄年には本厄を挟み三年間用心すべき年があるとお話ししましたが、この三年間必ずしも毎年厄払いをしなくてはいけないわけではありません。

個人や地域によっても違いはありますが、本厄の年のみご祈祷に行かれる方が多いようです。

大厄と言われる男性42歳、女性33歳は他の厄年と比べて多くの方が厄払いのご祈祷を受けているようです。あくまでも厄年の厄払いは個人の捉え方により、三年間毎年受ける方もいれば本厄の年のみ受ける方もいるのでご自分が納得できるような形にしましょう。

厄年を迎え、厄払いを受けることで普段の生活を振り返り、慎重に過ごすいいきっかけとなるかもしれません。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ