幼稚園と保育園の違いって⁈【学力の差・費用・行事の違い・入園手続きを比較】

2ba759b85e479c2cdb08894e3a9e4b82_s

【スポンサードリンク】

子供が少し大きくなってきたから預けたいと思っているけど、幼稚園と保育園の違いがよくわからないから困っているという方はいませんか?

共働きで働いているパパとママなら保育園!というイメージがあるけれども、最近は預かり時間が長い幼稚園もあるので悩んでしまいますよね。

そこで今回は幼稚園と保育園の費用などの違いを中心にご紹介させていただきます。

≪幼稚園と保育園の違い≫
まずは簡単に項目に分けて見てみましょう。

【保育対象】
「幼」3歳になった春~小学校入学前まで(3年保育の場合)
「保」保護者の事情によって0歳~小学校入学前まで

【保育時間】
「幼」9~14時くらいまで、標準4時間(延長保育なし)
「保」7:30~18時くらいまで、標準11時間

【保育料】
「幼」公立の場合、市町村が決定 / 私立の場合、園による
「保」認可の場合、課税状況に応じて市町村長が決定 / 認可外の場合、園による

【給食】 
「幼」任意
「保」義務

このような形になります。大きな違いは、保育園は0歳から受け入れ対象ですが幼稚園は3歳からでないと受け入れないということになります。

その他にも、幼稚園は小学校入学前の子供に対する教育施設ですが、保育園(保育所)は乳幼児から保護者に代わって預かる児童福祉施設であることが違ってきます。

≪費用の違いはどのくらいか≫
保育園は認可保育園・認証保育所・無認可保育所の3つに分けられ、それぞれ金額が違ってきます。

認可保育園と認証保育所は住所のある自治体と契約することになり、自治体が定める保育料を支払う形になります。ほとんどの自治体では子供の年齢と世帯収入に応じて保育料を決めています。

統計によると認可保育園の場合は、月に2~3万円を支払っている方が多いようです。

一方幼稚園でも、公立幼稚園と私立幼稚園で保育料に違いがあります。
平均年額で私立幼稚園は公立幼稚園の約2.2倍の保育料がかかります。
公立幼稚園が約2万円弱、私立幼稚園だと4万円程度が平均的だそうです。

費用だけを見ると幼稚園よりも保育園の方が月額が少しだけ高く感じますね。

ただし、3歳未満の保育料はこの平均額よりもだいぶ高くなっているようです。
そのために小学校に入学する前までにかかるトータル金額を計算すると、幼稚園よりも保育園の方がだいぶ高くなります。

しかし、預かってもらえる期間や時間が違かったりもするので一概には幼稚園の方が良いとも言い切れません。

≪手続きには願書が必要?≫
幼稚園と保育園のどちらにしても入園させたいときには必ず願書が必要になります。

◎幼稚園の場合
幼稚園の場合は、公立・私立に関わらず願書が必要になります。
早い所だと9月頃から配布されますが、だいたい10月に入ってから願書を配布するところが多いようです。狙っている幼稚園がある場合は早めにチェックしてみてください。

11月1日から願書の受付が開始されます。倍率が高い所だと先着順の受付を狙ってママたちの大行列が待っているかもしれませんよ。

◎認可保育園の場合
認可保育園の場合は、公的機関に申し込み手続きをすることになります。
役所に行って書類に不備があった場合は、再度行かなければならなくなるので要注意です。

保育園の入園選考は毎月1回行われているので、月ごとの申し込み期限を確認する必要があります。

◎無認可保育園の場合
無認可保育園の場合になると、直接保育園に行き申請が必要になります。

認可保育園のように所得などの細かい情報は問われないですが、保育園によって内容が様々ですので、定員数や園の雰囲気などの情報は自分で集める必要が出てくるので少し大変です。

≪幼稚園と保育園だと学力に差はでるのか≫
幼稚園は教育するところで保育園は子供を親の代わりに生活させるところ、と定義はされています。しかし子供は普通に生活すること自体が学ぶことです。学力の差が出ることはないようです。

幼稚園だから、保育園だから、という差ではなく様々な園があるので違いはでてきます。
英語教育を行っている保育園があったり、特別なカリキュラムを取り入れている幼稚園があったり、のびのび遊ばせることを中心にしている園など様々です。

どのような園を選ぶかによって多少経験の差はあるようですが、子供が思い通りに学力を身につけるとは限りません。子供の個性や普段の親の働きかけによってその子の能力が伸びていきますよ。

≪幼稚園と保育園の行事の違い≫
保育園は両親が働いている保護者が圧倒的に多いので、平日の昼間に行われている行事は基本的に少ない傾向にあります。

保護者会や面談などもなるべく仕事に支障が出ない時間に行われることが多いです。
年間行事なども早い時点で保護者に知らされるようになっているので、予定が立てやすいことも特徴です。

変わって幼稚園は、行事がとても多いようです。季節の行事や、親子遠足の回数が多く設定されています。園児だけの行事でも、有志の保護者の参加を求められたり、PTA活動があったりします。保護者会なんかも子供を預けている平日の昼間に行われる傾向が強いようですね。

≪まとめ≫
いかがだったでしょうか?

幼稚園での保育時間の延長などの取り組みが行われているところも増えてきて、幼稚園と保育園の差は少なくなってきました。それでもやはり細かい違いはあります。

費用だけでなく、子供や両親にその園が合うかどうかも含めてよくご家族で話し合って決めてくださいね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ