【幼児の英語教育】早期で始めた場合のメリット&デメリット

32-01

【スポンサードリンク】

 

小学校でも英語教育がスタートし、幼児期に英語を習い始める子も多いですよね?

【関連記事】
子供の習い事

【ベビースイミングはいつから始める?】7つのメリット&ママにも良いことたくさんあります♪

 

保育園や幼稚園でも英語時間があったり、英会話教室をオプションでつけられたりするところも増えて来ましたね。

そんな英語教育、はたしていつからおこなうのが良いのか?赤ちゃんから始めるメリット・デメリットなどについてまとめてみました。

 

【スポンサードリンク】

 

どのくらいのレベルを望むのかで違ってくる?!

幼児期は脳が急速に成長する時期ですよね。

ならばできるだけ早く英語教育をしたほうが良いのでは?という声と早くから始めすぎると日本語がおぼつかなくなってしまうから、まずは母国語からという二つの意見に分かれます。

バリバリのネイティブ並みの発音を望むのであれば、赤ちゃんからの英語教育は有効かもしれません。

なぜなら「英語耳」という英語の「L」と「R」を聞き分ける能力が赤ちゃんには備わっているからなんです。これを逃したくない!という親御さんは赤ちゃんクラスから習わせるケースが多いようです。

しかし、「日常会話」くらいが出来ればいいわ。という場合には赤ちゃん英語にはこだわらなくても良いと言われています。

年齢別の英語教育とのふれあい方について

・0~1歳 

CDやDVD、YouTubeなどの動画配信などの海外チャンネルなどで「音」の英語に触れることにチャレンジしてみましょう。

脳の成長が目覚ましい時期なので聞いた英語を素早く吸収するということに加えて前記した「英語耳」の能力が発揮される時期でもあります。

最初は一日15分程度から始めて、慣れて来たら30~2時間くらい英語に触れさせると良いでしょう。

英語の絵本などをパパやママが読み聞かせるなども良いですね。

赤ちゃんというのは新しいものを覚えることが苦ではないので「苦しまずに吸収」することができるんです。

・2~3歳

リトミックなどのような、一緒に歌ったりリズムに合わせてダンスしたりすることに興味をしめす子が多いので「勉強としての英語」ではなく「英語に楽しみながら触れる」ことの出来るものを選ぶと良いでしょう。

英会話とリトミックが合わさったものがスクールだけでなく地域の児童館などでも受けられることもあるので気軽に様子を見に行ってみると良いでしょう。

リトミックの効果はとても大きく、体を動かす学習法は幼児の英語教室では普通に行われています。

習い事というよりは「遊び」という感覚で英語に触れることによって「英語はコミュニケーションツールである」ということをすんなりと受け入れるようになっていくんです。

・4~5歳

コミュニケーションの機会を増やすことが、英語力を伸ばすコツになってきます。

教室に通い、実際に先生や他の生徒同士のふれあいを持つことで実践的に楽しく学ぶことができるのもこの時期からです。

月謝の相場としては8000円~1万円程度です。

小さな子供は恥ずかしがったり躊躇をしないので、抵抗なくコミュニケーションを取りやすいのでどんどん伸びていくと言えますね。

9~10歳は臨界期

脳が一番発達すると言われている0~3歳ですが、実際に英語を聞かせて興味をしめすかどうかは個人差があります。

しかし、1歳前後では興味のあるなしには関係なく単語がインプットできる時期とも言われていてCDやDVDを流しておくのはムダなことではないようですね。

また9~10歳は英語の音を正しく聞き分けることのできる限界の年齢(臨界期)と言われていて、幼児英会話教室などを見学に行くとこの話が出て、入会をきめる親御さんが多いのも事実です。

幼いころから英語環境を与えることが大切なんですね。

英語をモノに出来ている人たちはどんな風にしたか?

英語脳や臨界期などと聞くと親としてはとっても焦りますよね?

実際に大人になってから英語をちゃんと話せている人たちはどのような課程を踏まえてきた人がおおいのか?なんですが…

・高校生や社会人になってから英語を始めたという人が意外に多い
・英語を話せる友達に教えてもらった
・英語のみで生活する環境に身を置いた

という事実があるんです!

その中でも一番強いのは「留学」の経験がある人が圧倒的に多かったということです。

英語を話せる人達が口をそろえて言うのが「まずは母国語をしっかりと」ということもあります。

両親が日本人の場合にはまず母国語をしっかりと身に着けた上で教室に通うなりできれば「留学」を経験することが最強だと。

遅くから始めたという人の場合「英語に興味がわいた時期がその時だった」とか「覚えたい、しゃべりたい、読みたい」と思い立って習い始めた。

など、自分の英語に対するやる気のスイッチが入った時期があるということがわかりました。

親が気を付けること

幼児期の英語教育は、脳の発達面からみると是非とも早くから伸ばしてあげたいと考えたくなるもの無理はありませんよね?

グローバル社会をしょって立つ子どもたちですし、どんな職業に就いても英語が必須になっている可能性は大きくなるばかりです。

ただし焦りは禁物です。

英語に限らず幼児期の習い事には

◆過度な期待はNGである。

ということを忘れないようにしましょう。ましてや英語は何年やったから終わりというものでもなく結果はすぐには出にくいものだと踏まえて追い込むような発言(いつも英語づけにしたり、英語教室の話題ばかりするなど)は控えなければなりません。

せっかく楽しんでやっていてもパパやママの必死感が伝わってくるとやる気がそがれたり英語が嫌いになってしまうケースも良くあるんです。

聞き取りベタの日本人

日本人は中学から必須科目として英語を習ってきたにもかかわらず、話せない、聞き取れないという人が多いのはなぜなんでしょうか?

それには日本語と英語の「周波数の違い」があるんです。

・日本語 125~1500Hz に対して
・英語  2000~12000Hzとまったく違うので聞き取ることがどうしても難しいんですね。

しかし、これも「6歳ごろまでに決まってしまう」と言われていて、6~7歳までに英語の音にしっかりと触れて、できれば英語教育を始めていれば聞き取ることの能力は備わるといえるんです。

これは実際に英語の教師をしていたり、英検で1級などの資格をもっている方でも「聞き取り能力に自信がない」という人が多い理由なんですね。

そういった意味では0歳から英語の音に触れさせて3歳くらいからは教室やリトミック系などでコミュニケーションとからめた英語を身に着ける方向性でいくというのが良いみたいですね。

おわりに

いかがでしたか?

幼児期から始めると英語耳が出来るということや、興味がなくても赤ちゃんの時期の聞き流し英語には脳に効いていることなどがお分かりいただけましたか?

しかし、実際に大人になってビジネスや外国人との実際のコミュニケーションを実践活用できている人たちには「やる気」が出て覚えたくなって始めた時期は必ずしも早いものとは限りませんでしたね。

聞き取り能力を養うためには6~7歳までには英語教育を始めておき、その後は興味ややる気をそがないように親も見守る姿勢が大切でした。

このようなことを踏まえて幼児期は英語に触れさせておくことが大切なんですね。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ