【眠りが浅いと夢を見る?】疲れの影響と対策について

【スポンサードリンク】

朝起きて夢を見た

という自覚のある時は、何だかぐっすり眠った気がしないと言う人もいるのではないでしょうか。

夢は眠りの浅い時に見ると聞きますが、

「夢と睡眠」の関係

また

「夢と疲れ」

について順にご紹介していきましょう。

レム睡眠とノンレム睡眠

睡眠には浅い睡眠である「レム睡眠」と深くぐっすりと眠る「ノンレム睡眠」があります。

レム睡眠では体は休んでいるものの、脳は覚醒状態に近く浅い睡眠状態と言えます。

一方、ノンレム睡眠は率直に言えば脳を休めるための眠りであり、大脳皮質や交感神経の働きもストップし、体とともに脳も休息している状態です。

睡眠は、このレム睡眠とノンレム睡眠を交代に繰り返し、

そのサイクルは約90分

と言われています。

夜が明けて、朝になるにつれ、レム睡眠の時間が長くなります。脳の覚醒状態に近いレム睡眠の時に目覚ましをかけたり、起こされたりすると、自然でスムーズな目覚めとなります。

また、夢を見るのは浅い眠りであるレム睡眠状態の時であると言われています。

あまりよく眠れない、睡眠時間は確保しているのによく寝たという気がしない、眠りが浅い気がするというような場合、これらはノンレム睡眠よりレム睡眠の時間が長くなっていることから感じると言えます。

レム快眠は脳が覚醒状態に近い眠りなので、眠りが浅くあまり脳が休めていない状態です。

【スポンサードリンク】

夢と睡眠の関係

ノンレム睡眠の間に大脳皮質は休んでいることをお話ししました。

この大脳皮質は知覚、随意運動、思考、推理、記憶などをつかさどっています。

大脳が覚醒状態に近いレム睡眠では、眼球がグルグルと動いて脳も完全に休息しているわけではありません。

夢を見ている時は眠りは浅いと言われます。同時に脳が休息に入っている深い眠りであるノンレム睡眠では、ほとんど夢を見ないということも言えます。

夢をよく見る、夜中によく目覚めるなどの自覚がある方は、睡眠時間のうちレム睡眠のウエイトが高くなっているかもしれません。

このように浅い眠りであるレム睡眠が多く、夢をよく見るという方はぐっすり眠れていないため、日中睡魔に襲われてボーッとしてしまったり、疲れを感じたりするようです。

【参考】
【仕事中もずっと眠い5つの原因&対策】病気の可能性も?
 

睡眠の深さを知るには病院で睡眠検査を受けて脳波測定等を受ける必要がありますが、そこまでしなくとも簡易的な方法で睡眠の深さをチェックすることができます。

それは夢を見た日と見なかった日、睡眠時間、日中の倦怠感や疲労度などを合わせてカレンダーに書き込んでみる方法です。

夢を見る頻度が高いようだと眠りが浅くなっており、逆に眠りが深いと脳は休息しているため夢を見ないと言えます。

浅い眠りが続くと疲労感が増し、活力も減退してくる傾向にあります。

夢と疲れについて

私たちが生きていくのに欠かせない睡眠には大切な役割があります。

疲労回復、ストレスを和らげる、免疫機能の改善・強化、成長ホルモンの分泌促進などが挙げられます。

睡眠をとることで身体と脳を休めつつ、免疫機能の調整や成長ホルモン分泌などをおこなっているので良質な睡眠がとれない状態が続くと自ずと体調が悪くなってきます。

浅い眠りの時に夢を見やすいという話をしましたが、夢を何度も見るような浅い睡眠では疲れを取ることができません。

また、うなされるような悪い夢を見た後では精神的なストレスを感じてしまうこともあります。

ストレスや不安、心配事などがある精神状態ではレム睡眠が多くなる傾向があります。

このような心配事やストレスを感じていると脳が疲れてしまい、夢を見やすくなることでさらに疲労が増してしまうことがあります。

【参考】
【異常な眠気の原因は不眠症?過眠症?】病気やストレスによる睡眠障害に注意!
 

例えば、新しい環境に馴染むまでは心身ともに緊張し、疲れているはずなのになかなか寝付けない、夢をよく見ると言うことがあります。

段々と環境に慣れてきて、心も体も順応できるようになるとあまり夢を見ず、ぐっすりと眠れるようになります。

疲れを癒す良質な睡眠を得るには

では、日中活発に活動し、良質な睡眠を得るためにどのような対策があるのでしょうか。

①睡眠環境を整える
まず、自身が快適だと思える睡眠環境を整えることが大切です。

眠る前にテレビやスマートフォンを見ているとブルーライトの影響を受け、人の睡眠と目覚めに深くかかわっているメラトニンの分泌量が減少してしまうことがわかっています。

ブルーライトを浴び続けているとその明るさから脳が昼間だと錯覚し、なかなか寝付けない、眠りが浅くなる等の睡眠障害が出やすくなります。

【参考】
【ブルーライトの影響】目や肌に悪い理由と対策
 

また、鮮やかな色合いの寝具(ベッドカバー等)やカーテンも視覚による刺激が強いため、入眠しにくいとも言われています。

寝室は落ち着いた色合いのインテリアにし、就寝前にはリラックスできるようヨガやマッサージをしたり、眠りを誘う落ち着きのあるアロマを炊いたりしてぐっすりと眠れる環境を整えましょう。

【参考】
枕の向きで風水的に良い向きは?【枕風水で運気上昇!枕カバーで裏技も⁈】
 

次に寝方です。

うつぶせ寝をするのが好きな方もいると思いますが、うつぶせの姿勢は胸式呼吸になりやすく、肺を圧迫しているせいで苦しく感じることがあります。

また、身体を締め付けるようなタイトな衣類を身につけていたり、硬い布団やマットレス等寝心地の良くない寝具の使用も睡眠障害を引き起こす原因になります。

就寝前の飲酒はノンレム睡眠を妨害する作用もあるので、ぐっすりと眠るためには避けた方が賢明です。

【参考】
【睡眠の質をあげる】ぐっすり熟睡するための方法を徹底解説

【お酒で顔が赤くなる理由&対策】赤くなる人はガンになりやすい?

 

②精神疾患(うつ病)が原因の睡眠障害
うつ病等を患っていると、脳が不安定な状態であるために眠りが浅く、悪い夢を見やすい傾向があります。

入眠しにくい、何度も夜中に目が覚める、夢を何度も見るなどの状態が続く場合は医師に相談しましょう。睡眠導入剤等で深く眠るための対処療法がなされる場合もあります。

【参考】
【異常な眠気の原因は不眠症?過眠症?】病気やストレスによる睡眠障害に注意!
 

③ストレスを溜めこまない
眠りの質はストレスにも大きく関係しています。

身体が疲れていても、大きなストレスを抱えているとその不安から脳が休むことができず浅い眠りになってしまい、夢を見ては目が覚めて…というようなスパイラルに陥りやすくなります。

じっくりと深い眠りにつけていないと疲労感が残って日中の活力も低下し、安定した精神状態も維持しにくくなります。

自分なりのストレス解消法を見つけて、ぐっすり深く眠れるようにしたいものです。

【参考】
【心臓の動悸や不整脈】解消法とストレスに効く食べ物

口内炎の原因はストレス?ビタミン不足?【原因と治し方、違う病気の可能性は?】

【スポンサードリンク】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ